旅がすき ♪nehe nehe

旅行大好きなアラサーのブログ。旅行記、御朱印集め、旅の感想を発信していきます

衣食住・産業の神様 伊勢神宮【外宮】の御朱印

伊勢神宮
2000年の歴史がり日本の天皇家の祖先が祀られている格式の高い神社。
内宮(ないくう)と外宮(げくう)また14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社すべてをふくめてなんと125社。これら全てを総称して「神宮」といいます
 
 

外宮

 
まず手水舎で清め鳥居の中へ進みます。
 
f:id:melmo-bg:20170730105201j:image
 

外宮は左側通行
となっており、真ん中は神様の通り道とされています。
 
この外宮での左側通行については所説ありますが、神様が祀られている御正宮より少しでも遠い方を通って参拝しに行くという神様を敬う心の表れ、手水舎が外宮では左側にあるからともいわれています。
 
ちなみに内宮では右側通行となっており、手水舎は右側に設置されています。
 
 f:id:melmo-bg:20170730105431j:image
 
それにしても木がとってもが大きい!神社に行くと大きな木を見かけることが多いですが、ここ伊勢神宮の境内にも大きな木がたくさんあります。
 


御正宮
 
f:id:melmo-bg:20170730105229j:image
 
外宮の御正宮には豊受大御神(とようけのおおかみ)がお祀りされています。豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る神様であり、衣食住、産業の守り神としてご鎮座されています。鳥居より中は撮影禁止です
 
 
伊勢神宮での拝礼は「二拝二拍手一拝」
 
伊勢神宮は神様に日ごろの御加護に対する感謝を伝える場所です。安全にここまでたどり着いて参拝させて頂けたこと、日ごろの感謝の気持ちを神様にのべましょう
 
 
 

外宮の別宮

 
外宮には別宮の多賀宮(たかのみや)、土宮(つちのみや)、風宮(かぜのみや)がお祀りされていて、個人的なお願いをするのであれば別宮の「多賀宮」でお願いするようにしましょう
 
 
別宮での参拝順序

「御正宮」→「多加宮」→「土宮」→「風宮」→「月夜見宮」の順番に周るのが一般的です。
 
 
全てゆっくり回ったとしても20分~30分くらいです。伊勢神宮で一番有名なのは内宮ですが、まずはこの外宮に参拝して内宮へと向かいます。片方だけ参拝するのは「片参り
」となりあまり縁起が良くないとされているのでご注意を。
 
 
 

外宮の御朱印

 
参拝し終わったら神楽殿御礼授与所の御朱印所にて伊勢神宮外宮の御朱印が頂けます。御朱印は参拝し終わってからいただくのが一般的。
 
 
伊勢神宮の御朱印帳
 
f:id:melmo-bg:20170730105248j:image
 

伊勢神宮外宮の御朱印
 
f:id:melmo-bg:20170730105306j:image
 
 
すっ!凄くシンプル!!!!!!
しかしシンプルだからこその威厳を感じます
 
 
 
私が外宮に行ったのは平日のお昼時でしたが、人はまばらで決して多くはなく静寂と優しい空気に包まれた境内でした。凛とした佇まいの御正宮と、生命力にあふれた大木と静かな森、行っただけで心が落ち着くような伊勢神宮外宮でした。
 
さすがパワーがみなぎる伊勢神宮です。
 
 
 
 
■伊勢神宮外宮へのアクセス
三重県伊勢市豊川町279
 
・伊勢市駅・宇治山田駅から →  バス、徒歩で約5分 
       

【スポンサーリンク】