旅がすき ♪nehe nehe

旅行大好きなアラサーのブログ。旅行記、御朱印集め、旅の感想を発信していきます

飛行機に乗ったら歯が痛くなる?!現象

f:id:melmo-bg:20170830230409j:image

昨日久々に会う友達と話していた時に話題になったのですが、

「飛行機に乗ったら歯が痛くなった」という話を聞いたことはありませんか?

 

以前何かのテレビ番組で、お笑い芸人の方が「ハワイ旅行にいったら、ものすごく歯が痛くなって現地の歯科を探して治療してもらった」と話していたのですが、こういう現象に遭遇される方がたまにいるようです。

 

なぜ飛行機に乗って旅行へ行くと歯が痛くなるのでしょうか??

 

飛行機に乗って歯が痛くなる原因

 f:id:melmo-bg:20170830231224j:image

 

様々な要因がありますが、特に虫歯がある方は要注意です。

 

飛行機内の気圧の変化

飛行機の中の気圧は、地上に比べて20%程低く設定されています。虫歯を治療中で、歯に薬を詰めている場合、気圧の変化によって薬が漏れ出てしまい、しみる場合があるようです。

 

また急激な気圧の変化で、歯の中にある空気が膨張・収縮し、痛みを感じる場合もあるようです。

同様に歯の根っこに膿が溜まっている場合も、同じ症状が起こります。

 

このように気圧の急激な変化によって歯が痛くなることを航空性歯痛といいます。

 

なんと飛行機のパイロットや宇宙飛行士の方は虫歯の治療を完了していないと、搭乗できないのだとか!

 

このような決まりがあるとは知らなかったので、驚きでした!!

 

体調不良・睡眠不足

虫歯がある、治療中であるという状態とともに、体調が優れない時や、睡眠不足で体力が弱っている時に歯痛が起こることが多いようです。

 

飛行機に乗っている時だけ歯痛が起こる人、飛行機を降りても痛みが続く人、と症状は様々で、虫歯がある場合は激しい痛みを伴うことも!

 

飛行機に乗る予定がある場合は、できるだけ事前に多く睡眠を取り、万全の体調で飛行機に乗り込みましょう。

 

ホテルの口コミ・検索は

 

まとめ

f:id:melmo-bg:20170830232126j:image

飛行機に乗る予定がある時は、できるだけ虫歯の治療を完了させ、睡眠不足にならないよう、ゆっくりと体を休めておきましょう。

 

せっかくの旅行で歯が痛むのは本当に辛いですよね。国内ならまだしも、海外ともなると病院探しが大変ですし、治療費も高額になる場合があります。

 

とは言っても、やむを得ず治療中である場合は、歯科医に相談し、鎮痛剤をもらっておくと安心かもしれません。

 

個人的には歯医者さんがとっても苦手ですので、できればあまり行きたくないのですが…( ToT )(笑)

楽しい旅にする為には定期的な検診が必要ですね。

 

ぜひ思いっきり楽しい旅を~

最後まで読んで頂きありがとうございました

 

【スポンサーリンク】